大松建設株式会社 DAIMATSU
 
深いこだわりをもって選び抜いた天然の素材を随所に生かし、
日本ならではの伝統美を映し出す、格式の高い和風建築。
本物であることを追及する姿勢に微塵の迷いもなく、五感すべてで感じられる
品格のある清々しい趣を求めて、職人の技が冴える。
そこに日本人としての魂のよりどころを意識させられるのも、その完成度の故に・・・・。
和の家 木のぬくもりと職人技、そして、日本古来の伝統が生きています。
和風玄関 和風玄関
本格的な和風様式の、風格ある、味わい深い玄関でのおもてなし。
木の材質にこだわった巧みな造作を見せながら、落ち着いた趣と奥行きを感じさせる玄関。 さりげなく飾られた工芸品や草花が、
家族の毎日のお出かけを見守りながら、
移ろう季節感を、そこはかとなく漂わせます。
和室 和室
木の香り、畳の香りが漂う、
こころ豊かに落ち着ける空間。
天然の素材にこだわった、本物の住まい。
日本人の美意識を擬縮した端正な佇まい。
その落ち着きと安らぎのある空間のなかで、春夏秋冬のうつろいを敏感に感じながら過ごすひとときは、こころ洗われるような時間となります。
床の間 近世以降、床の間の存在が格式的な意味を持ち、本床といわれる形式が成立。その本床は床の間、書院、床脇からなるが、掛け軸や草花などを飾る床の間は、家主の趣向を凝らす特別な場所。家具や装飾の少ない畳敷きの部屋の空間秩序を保つ上で、なくてはならないスペース。
書院 現代の和室の祖形となっており、安土桃山時代に完成した武家の居住様式である、書院造りのひとつの要素として文机や欄間、小障子などで構成される格調高い部分。
床脇 床脇は違い棚・天袋・地袋などで構成されており、和室にいっそう風情を漂わすための重要な要素となっています。
Japanese Style(和の”魂”)
雪見障子、化粧垂木、広縁、続き間、出書院、竿縁天井
Japanese Style(和の”魂”)
ムクを生かした敷居、鴨居、長押、柱と竿縁天井、雪見障子など‥‥、こだわりが随所に。
木の香漂う“無垢”の空間には、凛とした風情が感じられ、
日本という国に培われてきた伝統の厚さを思わずにはいられない、こころなごむ「和」の空間。